食器棚を購入して上手く収納スペースを確保しましょう

LEDのメリット

キッチン

一般家庭でも照明器具LEDの普及が進んでいる。企業でも蛍光灯などからLED照明へシフトが進んでいるが、一般家庭では照明器具LEDへのシフトが加速化している。今では白熱灯を利用しているところでLEDへシフトが本当にすすんでいる。 照明器具LEDも同様で以前は蛍光灯の電気スタンドなどがほとんどであったが、照明器具LEDも多数発売されている。原因はLEDの値段が以前ほど高価ではなくなったからである。まだ蛍光灯よりは高価ではあるが、耐用年数が10年であることなどから考えると、照明器具LEDの方がコストパフォーマンスがよいため、そちらの販売の方がよいのである。 通信販売の場合には、実際の商品を確認した上で購入した方がよいと思われる。

照明器具LEDは今後も普及し続けるのは間違いないであろう。値段は今後も下がり続けて、蛍光灯に近づくのではないだろうか。以前は高価な商品という感覚であったが、現在では高価という感覚はあまりない。 もちろん蛍光灯や白熱灯も安価である面があるため、今後も販売は続けられると思われるが、耐用年数を考えるとLEDが主流になるのはもはや決定しているといえる。 耐用年数ではなく、一番の魅力は消費電力の省エネである。30ワットの明るさでもLED照明を利用すると実際の消費電力は約5ワット前後となる。すなわち従来の5分の一以下の消費電力である。 震災後の電力需要の件以来、省エネは消費者の最大の関心事項の一つでもあるので、こうしたLEDを是非利用して省エネにも貢献したい。