食器棚を購入して上手く収納スペースを確保しましょう

自分で制作

ダイニングテーブル

持ち家ならば柱や壁にいくら穴を開けても自己責任ですから問題はありません。ですが、賃貸物件在住となると話は別です。穴を開けるにしても部屋を引き払う際に大きな穴や傷が残っていると返却されるはずの敷金が大きく目減りしてしまいます。それでも収納が少ないから家具を買うしかない、というのは間違いではありませんが既製品はサイズが決まっているし高くついてしまいます。ならばどうするか、DIYならサイズは自由ですし、材料代も安く済みます。例えば押入れの中に棚を作りたい、洗濯機の上に洗剤などを置く棚があったらいいのに、などと考えたことはありませんか。DIYならば自分の思い通りの棚などの収納場所を作ることができるのです。

DIYに必要なものはそれほど多くありません。工具、主材料となる木材、副材料となるネジなど、大きく分けてこの3つが必要となります。まず、工具ですが、労力を問わなければドライバーセットだけで済みます。木材の切断に関してはホームセンターでカットしてくれるところもありますし、仕上がりを気にしなければヤスリがけやニス塗りも不要です。ただ、人によって力に限界があるので電動工具があれば一番です。次に木材ですが、ホームセンターで買い求めることができます。ツーバイフォー材という柱になるものから、レクポストという棚板をはめ込む切れ目が予め入っている便利なものもあります。価格としては1本350円ほどから販売しています。最後にネジですが、棚つくりに最適なのはコーススレッドというネジです。これは10本300円ほどから販売されいます。作る棚の大きさにもよりますが、安くても1500円ほどあれば簡単な棚は作成可能です。これを聞いて興味を持ったなら、思い切ってDIYしてみてはいかがでしょうか。